新築からリフォーム
アフターサービスまで
お客様の安心のパートナー


  特定建設業

  
 

 

315-0013
茨城県石岡市府中三丁目1124
TEL0299-22-3248
FAX
0299-56-3115
E-mail

matsunagakoumu10@yaruyo.com

       
 
 

■建設業許可:
茨城県知事許可(28)2137

一級設計事務所マツナガ
茨城県知事登録A2003



◇安心な住まいの保証システム
住宅性能保証制度業者登録
業者登録番号:10037707
((財)住宅保証機構 )



  TOP
 
 新築
  住宅リフォーム
  工事倉庫リフォーム
  バリアフリー
  住まいの相談室
  ダウンロード
  会社案内
  会社経歴
  工事経歴
  工事見積
  インフォメーション
  採用情報



 ■ISO14001への取り組み

 −これからの次世代の健康と 地球環境への影響について考える−

 ◆構築宣言

 「環境保全」「汚染の予防」などの視点から  「省資源」「リサイクル」「廃棄物削減」   「省エネ」「環境にやさしい住宅の提案」など   建築前の環境保全はもちろん、お住みいた   だいてからの毎日の暮らしそのものが環境を   守ることにつながるよう、すべての事業活動に   おいて自然環境の保全に力を入れて取り組   んでいます。

 ◆環境方針

 「自然と調和した地域社会の創造と顧客に                信頼される製品を提供する。」   というスローガンのもと、すべての事業活動に   おいて環境への影響に配慮し、自然環境の   保全に取り組むとともに創造力と感性を磨き、   知恵と技術を向上させ、自然と調和した地域   社会を造りだすことを目指しています。     ◆ゼロエミッション運動,,,環境改善対策     ゼロエミッション運動という言葉を初めて聞く方も  多いと思います。  “廃棄物ゼロ”という意味のゼロエミッション運動  とはどんなものなのか?     (例)発砲スチロールのリサイクル      →ビデオカセット・ハンガー・プランターへ      廃棄物を出さない企業活動に努めることに   よって、廃棄物を資源として活用する新しい   経済社会を造りあげることを目標にしている   運動のことをいいま す。  私たちは、少しでもこの運動に参加できるよう   工事によって排出する廃材について細かく分別   するなど、これからの未来に役立てるよう活動を   続けています。

 





















                 
                         

             会 社 概 要

   
  株式会社  松 永 工 務 店
      一級設計事務所 マ ツ ナ ガ


 本    社
 創立年月日  
 法 人 設 立   
 資 本 金    
 業 務 内 容    

 


 建設業許可   
 一級設計事務所
      マツナガ
茨城県石岡市府中三丁目11番24号
大正12年4月1日
昭和53年7月4日
4,300万円
公共・民間土木建築工事
一般住宅・リフォーム
新築・増改築工事
バリアフリー改築
外構工事
茨城県知事許可(特23)第2137号
茨城県知事登録A第2003号



  

当社は、建築・土木工事のなかでも特に病院やクリニック等の医療施設建設に目を向けて、一番に力を入れております。近年では、杉並クリニック様の施工にも携わることができ、年々施工実績を上げております。
医療設備工事は、もちろんのこと電磁波、磁気シールド・放射線防護工事等を中心に積極的に取り組んでいます。
病院や患者さんに合わせた施設建設の設計・施工を目指し、より進んだ医療環境を造り続けています。 

 杉並クリニック新築工事

  
  
                                  
          
                         
                         
当社は、お年寄りへの住まいにも力を入れています。
お年寄りにとっての生活は、階段の昇り降り・段差・入浴時など私たちが思っている以上に困難なものだ思います。
少しでもお年寄りの負担を少なくするために、廊下・浴室・トイレの手摺りの取付、敷居の段差解消、玄関スロープ取付など身近なことから改善していき、心も身体も元気のでるような環境づくりができればとを私たちスタッフは願っています。
 バリアフリ-改修のご参考に
  バリアフリー改修施工例のご紹介
 
  

介護問題や老後の安心を社会全体で支える制度が介護保険制度です。
最初に高齢者本人の身体機能を十分に理解し、現在どういう生活活動ができるのかできないのかを把握し、住宅改修の提案により不可能を可能に実現させるための方法の1つとして、介護保険法による住宅改修費の支給が要支援から要介護5までの認定を受けた方に支給されるというしくみがあります。
 
       




一年中いつも気になるカビ・ダニ・結露などの問題。
今すぐできる解決方法があります。一度お試しになってください。
・カビといえば一番気になるのが、湿気が多いバスルーム。
お風呂に入ったら、お湯をぬき熱いシャワーで石鹸カス・アカなど丁寧に洗い流しましょう。(雑菌増殖に効果的)さらに最後に冷たいシャワーは水蒸気が壁や天井などに水滴がつくのを防くことができます。
窓ガラスにできた水滴もこまめに拭き取り、最後に換気扇を30分から1時間まわして湿気を逃がしましょう。
・ダニの発生が気になるじゅうたんやお布団、特にカーペットは掃除機で6畳間なら3分以上かけるといいとされています。
こまめな掃除と天日干しがカビ防止につながります。またお布団干しは、ダニにとって上に黒い布を1枚かけておくと、布団の内部の温度が上昇し布団干しの効果が上がるので、ぜひ、お薦めしたいと思います。
・結露を見え見ぬ振りをしていませんか?そのままにしておくと必ずカビが発生しています。
雨上がり晴天になると窓に結露ができていることありませんか?屋外からの湿気が室内に入り込んでしまうため窓等に結露が発生してしまうのです。目で確認できる結露ばかりでなく、内部結露といって壁の内側にできるものもあります。
見逃しておくと住まいの壁・天井にしみができたり、シロアリの発生の原因のなったり住まいの老朽化を早めてしまいます。
身近なことから防ぐには
1.洗濯物を室内に干す時は換気扇をまわしたり、窓を大きく開けるようにしましょう。
2.窓についたの水滴をこまめに拭き取るよう習慣づけましょう。
3.押入、キッチンなど常に水蒸気が発生するような場所では、換気に心がけましょう。
発生してしまった水蒸気を外にだす日常の注意が住まいの耐久化につながるかと思います。
 
       
今からマンション建設予定をお考えの方へ!
現在、環境と身体にやさしい優れた家電製品がどんどん開発されていています。
そうした時代にあわせたシステム例えば、IH調理器・床暖房等のシステムを導入した新型マンションが、増加しています。
毎日の生活、よりよい環境づくりはだれもが望んでいることです。
ちょっと贅沢かもしれませんが、これからの住まいのことを考えてみてはいかがでしょうか?